一年の計は元旦にあり

2011年01月10日

 去年のお正月に小林正観著「そわか」(掃除・笑い・感謝の最初の文字三つのタイトル)に出会って、それを一年の計にして2010年を過ごしました。

ロスイン門松 下心があってもいいからトイレの掃除など水回りを綺麗にすると良い事があると言うので試してみるつもりで始めてみました。

今振り返ると家全体は綺麗な日が多くなったと思えるし、何よりトイレ掃除をした後、自分自身が清々しい気分でいられてとても良かったものです。

 また去年は植村花菜さんの「トイレの神様」という歌も流行り、年末のNHK紅白では再び感動して、涙して・・・。



徳久克己書 ”トイレ”という言葉がこんなにも堂々と公になるとは驚きでもありました。この歌が日本中で愛されたのですからこれからの日本が良い方向に進んで行くに違いないと思えて、一人嬉しい気分になっております。

 トイレを綺麗にすることで皆に喜ばれ、そして自分に喜びと自信を持てるようになれるのですから、今年もトイレの神様に喜んでもらえる一年を過ごしたいと思います。

                     (JK)

« | トップページ | »

ページのトップへ